ジュリー下戸の歌舞かれて東京

歌舞伎のイヤホンガイド解説員になるのが夢のイチ歌舞伎ファンが書いているブログ

【おしらせ】ガイドペーパーができました

こんにちは、ジュリー下戸です。

数時間前に投稿したこちらの記事ですが、

念のため補足をしておくと、わたしは決して今までに外で書いたり話したりしたことを悔やんでいるわけでも、問題提起をしたいわけでもありません!わたしは好きなことを好きなように書かせて頂きましたし、周りの歌舞伎ファンのみなさまは全員優しい方ばかり。ただ、1通のメッセージにショックを受けると同時に「確かにそういうとこあるな...」と思い至り、「歌舞伎ファン」を引っ提げて記事を書くご依頼を受けるのを、いったんストップすることにしました。というわけなんですね。今まで書いたものは、仮に心構えが変わろうとも、どれもわたしの大切な宝物です。

 

その証拠に、今回の記事は、自分の作ったもののご報告。ずっと準備を進めてきて、言いたくてもお口にチャックをして耐え続け、先日初めてお披露目をした「歌舞伎ファンによるおせっかいガイドペーパー」!!!!こちらのご紹介です。

(お披露目してからもう1週間立っちゃった!)

f:id:jurigeko:20170820114651j:plain

このガイドペーパーは、銀座にある小料理屋・しらたまやの、歌舞伎好きな女将に声をかけて頂いて作成しました。 

この記事のお店!

もともとタイムライン上で女将には大変お世話になっていて、歌舞伎ファンとしての先輩である女将が「ジュリーさんのフリーペーパーみたいな感じで、ガイドペーパーを作ってほしい!」と言ってくれ(わたしは月1でフリーペーパーを作っている)、それならばとゴリゴリ書きました。実際のところは、ペンを握っていたのはわたしであったものの、驚くほど多くの方にご意見を頂いてようやく完成しました。

しらたまやに来るお客さんは、きっと歌舞伎が好きな人。じゃあ、その人と一緒に来た、これから歌舞伎を観てみたいと思っているお客さんが、思わず手に取って持って帰りたくなるようなものにしたい

「歌舞伎の見どころ」を、どんな風に書いたら伝わるだろう?1度書いたものを全部消したり、打ち合わせの数を増やして女将とウンウン考えたり(笑)して、「よし、ご意見を募ろう」と思いたちました。意見や嗜好が偏らないように、なるべく多くの人の意見を取り入れたい。その日のうちにタイムラインに「あなたが歌舞伎に行く理由、きっかけを教えて!」と投げかけました。

(ツイートを使わないで欲しい、というご連絡は、恐れ入りますがTwitter @jurigekoまでお願い致します。)

結果、RTを見てくれた方など、普段交流のない遠くのツイッターユーザーまで届いて、たくさんの意見を集めることができました。一覧だとこんなかんじ。字数の関係で全てを掲載するわけにはいかず、ご意見の内容によってジャンルを6つに絞り、ガイドペーパーに並べました。これが表面です。

裏面は、「どこで観られるのだろう」「歌舞伎は高そうだ」「理解できるか不安だ」という心配を解消するため、劇場の名前とザックリした料金体系、イヤホンガイドの借り方などを紹介しています。ホームページなどを見ながら作ったので間違いはないかと思いますが、アレですね、「3等」ではなく「3階」と呼ぶ劇場もあるのですよね。次回刷る際は訂正版にできるように、データをお直し予定でいます...

そして!このガイドペーパー、なんとデータをDLできます。無料です。「しらたまや」の公式facebookで配布されていますので、是非是非チェックしてくださいませね。

ひとりでも多くの方のお目にとめて頂けますように!

ていうか、しらたまやに早く行きたい!!!!!!!

 

ジュリー下戸でした。ありがとうございました。