読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュリー下戸の歌舞かれて東京

歌舞伎のイヤホンガイド解説員になるのが夢のイチ歌舞伎ファンが書いているブログ

【月締め】絵日記ログ4/29-30

こんにちは、ジュリー下戸です。

f:id:jurigeko:20170506020054j:plain

あー!4月も終わってしまいました。早いものです。転職後、新しく覚えることがたくさんあったせいか、穏やかなようで毎日目まぐるしく過ぎていたのかもしれません。絵日記を溜め込んであわててまとめて書いたりしながらも、1ヶ月書けました。くじけそうだった...良かった...
f:id:jurigeko:20170506020352j:image

絵日記のまとめと、ひと月の振り返りです。

これ誰が得するんだろうか、あ、わたしだな、わたしが振り返って楽しんでいるんだな、そんな堂々巡りです。厳密には、未来のわたし。ブログのネタに困ったら、こういうとこから引っ張ってくれば良いのだし。そういう意味では、公開ネタ帳みたいなものだねこれ...筒抜け!!

 

絵日記ログ

f:id:jurigeko:20170506020117j:image

3/29

超歌舞伎の余韻に浸る。実はまだ、ニコニコ動画タイムシフト機能を使って予約している千穐楽の映像を観ていないのです。もったいなくて。うっかり期限が来ないうちに観ないと~。しかし、口上はやはり初音ミクさんにお願いしたかった!!とざい、とーざーいー!

f:id:jurigeko:20170506020410j:image
3/30

人と会ったり、歌舞伎を観たり、盛りだくさんな一ヶ月でした。良かった良かった。

 

今月観たもの

歌舞伎座「傾城反魂香 土佐将監閑居の場」

大好きな演目「吃又」を観ました。吉右衛門丈と菊之助丈の夫婦は、知的で大人でとっても素敵でした。

浅草の巳之助丈の又平を観てからすっかりこの物語の虜なのですが、又平のキャラクターがまるで違うので驚きました。妻のおとくも。これは別記事でゆっくり書きますが、歌舞伎は「役者を観る」演劇なのだと改めて実感したひと幕でした。

 

超歌舞伎 「花街詞合鏡」

ニコニコ超会議は初めて行ったのですが、「カオス」と形容したくなる初めての場所でした。別に方向音痴ではないのに、全然目的地へたどり着けなくて、めちゃめちゃ汗をかきました...。人生で初めて振ったペンライトは宝物。またどこかで使えるかな。

関わった記事

4月は、はてなの方にお声をかけて頂いたおかげで、2件の記事にかかわることができました。実を言うと、これをきっかけに色々なところで書いたり描いたりできないかなあなんて、そんなことも考えているので、是非、その、よろしくお願いします

ブロガーインタビュー。話せることは全部べらべらとしゃべっていたので、自己紹介代わりになりそうなくらい笑 楽しかったです!

「りっすん」で、自分の働き方について記事を書きました。正直「成功者」とは言えない、それでも自分はとても幸せに暮らせているよ、という内容です。もちろんこのまま働いていたら、気になる問題も出てくる気がしますが、それはその時解決すればいっか~と思っています。

 

来月も楽しくくらすぞー!

ジュリー下戸でした。ありがとうございました。