読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュリー下戸の歌舞かれて東京

歌舞伎のイヤホンガイド解説員になるのが夢のイチ歌舞伎ファンが書いているブログ

新春浅草歌舞伎「吃又」が本当に良かった話

歌舞伎大好き!

こんにちは、ジュリー下戸です。

1月、今年もあの公演が幕を開けました。若手歌舞伎役者の登竜門と呼ばれる「新春浅草歌舞伎」!歌舞伎なのに銀座じゃないの?と思われるかもしれませんね。場所は浅草寺横の伝法院通りを抜けた、浅草公会堂。

f:id:jurigeko:20170206230007j:plain

なんともいかついポスター。エッジライトゴリゴリのライティングで、わたしの一押し役者・坂東巳之助丈(写真左から2番目)のバイ奴感マシマシです。このポスターでもなお可愛らしさが損なわれない梅丸くん(写真左)の別ベクトルのヤバさもポイントですね。

ちなみに、昨年も浅草に歌舞伎を観に行っているのです。これがわたしの、古典歌舞伎デビュー戦でした。浅草公会堂はわたしにとって、特別な劇場のひとつです。

昨年は、昼夜両公演観に行くことができたのですが、今年はもう1つ別の公演でどうしても観たいものがあって(別記事で書きますが、新橋演舞場で公演していた市川右團次・右近襲名公演)、泣く泣く昼の部のみの観賞となりました。

その代わり、浅草歌舞伎公演中に開催された「歌舞伎ワークショップ」に参加して、澤村國矢丈に立ち回りを教わるという、大変プレシャスな体験をしました。あれから國矢丈のことを「國矢先生」と呼び続けています

さて、その新春浅草歌舞伎昼の部は、二本立て。「傾城反魂香 土佐将監閑居の場」と「義経千本桜 道行初音旅」で、それぞれに「吃又(どもまた)」「吉野山(よしのやま)」という通称がつけられています。「吉野山」に関しては、去年歌舞伎座デビューの時に、市川猿之助丈が忠信・市川染五郎丈が静・市川猿弥丈が藤太を演じているのを観て、我慢できなくておかわりをした、思い出の演目。「吉野山」で藤太にまた会える~♡とウキウキしながら席についたのですが、ここでわたしは運命の出会いを果たすことになります。「吃又(どもまた)」が、わたしに雷のような衝撃を与えたのです。

あらすじ

主人公・又平(またへい)は、画家・土佐光信の弟子。が、腕を認められていないため「土佐」の苗字をもらえないでいる。吃音症を患いうまく話をすることができない又平を、妻・おとくが支えながらなんとか暮らしている。夫婦が師匠の家へ出向き「土佐の苗字が欲しい」と願い出るも、師匠は「絵が下手な奴にはやれない」と言う(そりゃそうだ)。そしてなんと、又平の弟弟子である修理之助(しゅりのすけ)が、又平より先に土佐の苗字をもらってしまう。この先の人生を憂いた夫婦は自害を決意。死ぬ前に作品をひとつ残そうとおとくが提案し、又平は石の手水鉢に自画像を描き始めた。すると驚いたことに、又平の絵筆で描かれた自画像は分厚い石を貫通し、描いた方と反対側に浮き出てきたではないか。その絵を観た師匠は「石貫通するとかスゴイし、何よりこの絵めちゃうまい」ということで、又平に土佐の苗字を授けることを決め、夫婦は大喜び!絵の極意を掴んだ又平は、お祝いにプレゼントされた裃を身に着け、意気揚々と弟子の初仕事へ向かうのでしたとさ。それゆけ又平!未来は明るい! 

「吃又」の世界

この物語は、虎退治から幕を開けます。虎といっても、本物の虎ではありません。日本に虎はいませんからね。じゃあ一体何なのかというと、「絵に描いた虎が飛び出して、悪さをしている」というのです。その虎に向かって「龍」の字を描くと、あれよあれよという間に虎は姿を消します。で「あいつ(画家)が描いた虎なら、そりゃー絵から出てもくるわw」といった納得の仕方をします。そういう世界です。
f:id:jurigeko:20170210100236j:image
ええ、めちゃめちゃファンタジーです。ここで虎退治をしたのが、修理之助(しゅりのすけ)くん。この功績が認められ、師匠から「土佐」を名乗ることを許されます。

この世界の画家は、まるで魔法使いのよう。ただ絵をサラサラと描けるだけでは、どうやらダメのようなのです。又平は、観光客向けの絵葉書を描いては売って生計を立てています。無名の画家でおまけにハンディキャップ持ちということで、相当苦労をしているでしょう。話すことに不自由な又平がこの生活を抜け出すためには、どうしても「土佐」の苗字を得て、画家として独り立ちする必要があるのです。そのために、又平は「土佐」に執着します

師弟---光信と又平

苗字への執着

苗字が欲しいと願い出る又平夫婦に対し、光信は断固として首を縦に振りません。師匠は「絵で大成して欲しい」という、弟子への大きな期待を持っているのです。又平は、絵がダメならばと修理之助の頼まれごとを代わってもらい手柄を立てようという強硬手段にまで出て、修理之助を困らせます。

又平だって、日頃から頑張っているのです。なかなか芽は出ないけれど、毎日小さな絵を描いて売り、なんとか生活しています。自分が「土佐」と名乗れたら、口のきけない又平が選んだ画家という生き方で、おとくに、もっといい暮らしをさせてやれます...。

師匠の、弟子の才能に期待する思いは、又平には通じませんでした。又平は「自分が吃りだから」と、自分を責めてしまいました。吃りの弟子が恥ずかしいから、師匠は苗字をくれないのだと、自分の喉元を引っ掻いて、舌を引っこ抜かんとして、大人だというのにおいおい泣きます。師匠の思いが、弟子にうまく伝わらない。つらい場面です。

f:id:jurigeko:20170210094347j:image

個人的に「おいおい光信いい人かよーーー!!!(号泣)」と思った場面があります。師匠に見捨てられ(たと思い込み)、もう人生に希望を持てなくなった又平とおとくが、自害の準備をし、又平の渾身の筆が岩を貫通するという奇跡が起きるまでのその一部始終を、なんと師匠、全部襖の影から見ていたのです!!そしてその絵をすぐに鑑定し、又平を褒め讃えます。よくぞ、絵の極意を掴んでくれた。「土佐」を名乗るが良い、と。

この時を、師匠はずっと待っていたのです。その証拠に、師匠が一言声をかけただけで、又平のための裃がすぐに出てきました。師匠の妻・北の方が、胸いっぱいに喜びを秘めて「ただいま、持って参りまする」と言って裃を又平のもとへ運び「でかしゃった、でかしゃった」と又平をねぎらいます。又平が画家として大成するのを待ち望んでいたのは、北の方も同じでした。

坂東巳之助丈の若い又平に容赦なく振る舞う大谷桂三丈の光信は、誇り高く少し不器用で、職人肌な雰囲気がありました。だからこそ、又平をねぎらう台詞を光信が発した瞬間、息を詰めて又平を見守っていた客席からは、歓声のような、安堵のため息のような小さな声があちこちで聞こえました。みんな巳之助丈演じる又平のことをすっかり好きになっていて、師匠が喜んで苗字を授けてくれたことが、本当に嬉しかったのです。あのときの劇場の一体感が忘れられません。

夫婦---おとくと又平

f:id:jurigeko:20170209220145j:image

キャラを課す妻

おとくは、又平を献身的に支える妻。明るくおしゃべりで、良く笑い、又平とは正反対のように見えます。師匠の家へ赴いた際も、口のきけない又平に代わってペラペラペラペラよくしゃべる。「この人の吃りと、わたしの喋りと~」なんて、軽く夫もイジりつつ、夫の師匠の前といえど堂々たるおしゃべりぶりです。でも本当のおとくは、冒頭の顔を少し伏せながら無言で歩く、あの姿なのではないかと思えてなりません。吃りの夫をフォローするべく「おしゃべりでハイテンションな妻」というキャラクターを自らに課しているのです。あえてそう振る舞うことで、場をなんとか明るく盛り上げようとします。決して妻が夫を尻にしくような夫婦ではありません。

中村壱太郎丈のおとくは、ちょっぴり姉さん女房なちゃきちゃきとした雰囲気があり、朴訥とした又平とのコントラストがまぶしかったです。しかし、後半のおとくは、もうキャラを作る必要がなくなり、ある意味「素」でいます。「わたしも一緒に死にまする」と又平にすがる場面、死ぬと決め心が空っぽになった夫に水を持ってくる仕草など、心から又平を愛し最後まで支えようという姿勢が健気でいじらしかった。それが同時に、「おとくをそうまでさせる何かが、又平にはあるのだな」と妙に納得させてしまうのです。

おとくの解放

又平が「土佐」の苗字を貰い受けることが決まり、唖然としたような又平よりも先に、おとくの方が先に喜びをあらわにします。今までずっと、又平のフォローのため自分を「おしゃべりな妻」とキャラづけをし(道化役といってもいいかもしれません)、お偉いさんがたの前でも明るくペラペラ喋らざるを得なかったおとく。これからは、例え又平が吃音でも、「土佐」の苗字が何よりも彼の絵の腕を示してくれるのです。

f:id:jurigeko:20170209224836j:image

おとくは、装っていたキャラクターから解放され、ありのままの自分で又平を愛し、暮らしていくことができるようになりました。今まで場を賑やかすためとはいえ、愛する夫のハンディキャップをネタにすることは、彼女にとってどんなに辛かったことでしょう。もう、そんなことをしなくて良い。裃を身に付けた又平が堂々と見得を切る後ろで、万感の思いで頭を下げるおとくに、わたしは涙が止まりませんでした。

最強のふたり

実は、又平は「節をつけて喋ると吃らない」という裏設定(!)がありました。おとくが鼓を打ち、又平が歌うと、なめらかに言葉を話すことができます。それを初めて、師匠夫婦に披露するのですが、その時のやりとりが面白い。又平がおとくの鼓にダメ出ししてテイク2をさせられるのも良いのですが、なんたって、夫婦がアイコンタクトするのがたまらなく素敵です。

f:id:jurigeko:20170210092401j:image

お茶目でいたずらっぽい表情。そして、又平ののびやかで明るい踊り。おとくの打つ、軽妙な鼓の音...。夫婦に、恐れるものなどもう何もありません。ふたりは最強なのです。

又平の本当の才能

「吃又」のあらすじを探すと、又平のことを「吃音症のせいで評価されない」と表しているものが多いのですが、この新春浅草歌舞伎がマイ初吃又だったらわたしには、そのようには思えませんでした。

又平が評価されないのは、吃音症のせいではなく、「才能はあるだろうが発揮できていないから」、ただそれだけに感じます。評価のされようがないのです。又平が才能を発揮できないのは、自分の吃音症によるもどかしさ、悔しさ、理解されないことへの怒り、おとくへの申し訳なさ、そして苗字への執着心、自分が吃音だから師匠が苗字をくれないのだという思い込み、それらが雑念となって又平の絵筆の妨げになっていました。それらを捨てたとき、初めて又平は自分の本当の才能に気づくのです。

又平が、自分の吃りが全て悪いのだと思い込んでしまう場面、わたしには心当たりがありすぎて辛かったです。だからこそ、又平が雑念を捨て、ただ無心に絵に取り組んだ時初めて絵の極意を掴むというストーリーが胸に迫りました。

わたしも又平のように、無心で取り組もう。評価を気にせず、それでも自分のありったけの力を出し尽くそう。おとくのように、愛する人を支えよう。心から相手の才能を信じ、自分にできることを何でもしよう。光信のように公平に相手を判断し、北の方のように慎ましく相手の成就を願おう。「吃又」といわたしのこれからの人生の指針になる作品を、新年最初の歌舞伎で、大好きな役者の主演で観ることができた。わたしは幸せ者です。

「吃又」を観たくなったら

さて、「吃又」を観たくなったあなたに朗報です。なんと、4月に「吃又」が、歌舞伎座で掛かります

f:id:jurigeko:20170210100943j:image

もうです!!

f:id:jurigeko:20170210120600j:plain

歌舞伎の世界において、巳之助丈や壱太郎丈は「超花形」つまり「超若手」。歌舞伎座の「吃又」は、まさにベテランが演じます。又平を、中村吉右衛門丈。全く違う「吃又」が観られるに違いありません。一体、どんな又平に会えるのでしょう。今からとってもワクワクします!!

チケット発売は3月12日から。当日券もあります。さて、いつ観に行こうかしら!

 

ジュリー下戸でした。ありがとうございました。