読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジュリー下戸の歌舞かれて東京

歌舞伎のイヤホンガイド解説員になるのが夢のイチ歌舞伎ファンが書いているブログ

三月大歌舞伎を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 すっかり時間が経ってしまったのですが、3月に観た歌舞伎の感想を書こうと思います。本当に、今思い出しても目頭が熱くなる、本当に素晴らしい舞台でした。よくこのセリフを口に出すのであんまりありがたみがないのですが、…

フリーペーパー#04配信開始しました

こんにちは、ジュリー下戸です。 わたしは今年に入ってから、月に1度、A4サイズのフリーペーパーを配信しています。 なんだかんだで、4号目。わたしはこのフリーペーパーを1年ぶんまとめて冊子を作り、文フリに出展するのが夢なのです(電子書籍にしなよ…

二人の桃太郎の門出を見届けてきた話

こんにちは、ジュリー下戸です。 先月の歌舞伎座「猿若祭」にて、中村勘太郎丈・長三郎丈の初舞台「門出二人桃太郎(かどんでふたりももたろう)」を観てきました。泣きました。ボロ泣きです。小さな二人の生きる力が、大人たちの喜びが、緊張、不安、希望...…

勘三郎さん、そして歌舞伎は続いていくという話

こんにちは、ジュリー下戸です。 「中村勘三郎」という歌舞伎役者の名前は、おそらく歌舞伎ファンでなくとも聞いたことがあるかもしれませんね。わたしも名前だけは、歌舞伎を観る前から知っていました。歌舞伎を好きになってようやく、「中村勘三郎」とは芸…

「悪友vol.1」と新橋演舞場の海老蔵さんの話

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日、タイムラインで話題の「悪友vol.1」をゲットしました。同人誌「悪友」の今回のテーマは「浪費」。趣味にお金を注ぎ込みまくる(ここでは敢えて「浪費」と呼ぶ)人々のエピソードやアンケート調査に基づく「浪費家」たち…

新春浅草歌舞伎「吃又」が本当に良かった話

こんにちは、ジュリー下戸です。 1月、今年もあの公演が幕を開けました。若手歌舞伎役者の登竜門と呼ばれる「新春浅草歌舞伎」!歌舞伎なのに銀座じゃないの?と思われるかもしれませんね。場所は浅草寺横の伝法院通りを抜けた、浅草公会堂。 なんともいか…

フリーペーパーを配信開始しました

こんにちは、ジュリー下戸です。 今年、できるかどうかはさておき、本当に色々な目標を立てまくっているのですが、そのうちのひとつ「フリーペーパーを配信する」が実現しました~!! その名も、「ジュリー下戸の酔わせて東京」。ロゴもあるよ! ロゴを作る…

歌舞伎役者に立ち回りを教わってきた話

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日、したまち演劇祭のイベントのうちのひとつ「歌舞伎ワークショップ」に参加してきたのですが、それがとっても楽しかったので、頼まれてもいないのにレポートします! ※スタッフさんにはちゃんと「インターネットに感想書…

ブログをはじめてもうすぐ1年ですよという話

こんにちは、ジュリー下戸です。 今年の1月4日から始めたこのブログも、早いものでもうすぐ1年を迎えようとしています。好きなものについて考えていることを残しておきたいという、ただそれだけのために始めた無欲なブログ(やたら商品を紹介しているけれど、…

2016年歌舞伎納めが済んだので1年振り返る

こんにちは、ジュリー下戸です。 突然ですが、わたしは年末年始が大好きです。特に年末は、新しい一年をまっさらな気持ちで迎えられるよう、せっせと「〇〇納め」にはげみ、2016年の振り返りをします。そして日本語の挨拶で一番好きな言葉は「良いお年を」で…

十二月大歌舞伎「あらしのよるに」を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 「あらしのよるに(以下あらよる)」が歌舞伎化していたことを知ったのは、公演がとっくに終わった後でした。歌舞伎を好きになってから、「もっと早く好きになっていれば...」と悔やむことが本当に多いのだけれど、その最た…

深川江戸資料館に行ってきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日、清澄白河にある深川江戸資料館に行ってきました。お目当ては、特別展。 期間終了間近、ギリギリ駆け込みで行ってきました。清澄白河って、東京都現代美術館に1度行ったきり初めて行ったので、ちょっとドキドキでした…

「連獅子」を観て来ました

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日、新宿ラブホ街にあるセレクトショップ・THE FOUR-EYEDに行ってきました。 最高だったので、お洋服好きな方は是非。お値段も、お手頃なものから本気出さないと買えないものまで。奇抜なデザインの洋服がズラーリ、なイメ…

巡業・松竹大歌舞伎を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 10月、市川猿之助丈と坂東巳之助丈がWキャストで全国津々浦々をまわる、通称「巡業」がスタートしました。26日の千穐楽が宮城県仙台市での公演と聞き、思わず昼夜のチケットをおさえたわたし。演目は「獨道中五十三驛(ひと…

はじめて歌舞伎を観てから一年が経ちました

こんにちは、ジュリー下戸です。 今日は11月10日。この日はわたしにとって、一生涯忘れられない、とっておきの記念日。わたしの人生を救ってくれた、運命の出会いをした日。そう、「歌舞伎を初めて観た日」なのです!! 詳しく言うと、2015年11月10日、好奇…

芸術祭十月大歌舞伎を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 「歌舞伎」モチーフのアイテムは世の中に数あれど、歌舞伎にある程度親しみ始めると「あ!これは連獅子だ(と思う)!」とか「勧進帳(な気がする)!」とか気づきがあって大変たのしいです。そして、歌舞伎モチーフによく用いら…

四代目に導かれて納涼歌舞伎を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 ずいぶん時間が経ってしまったのですが、やっと思いがまとまった気がするので書きます、「納涼歌舞伎」感想。というか、「東海道中膝栗毛 お伊勢参りなのにラスベガス!?」感想。感想とも言えないかも知れません、今回はと…

絵日記ログ9/13-20

こんにちは、ジュリー下戸です。 去る9月16日、わたしの大好きな坂東巳之助丈のお誕生日でした。わたしより1つ年上で、わたしと違う世界に暮らし、違う世界に住むわたしにたくさんの楽しみを与えてくれる、彼はわたしのヒーロー。 9月13日:百貨店で…

七月大歌舞伎を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 六月大歌舞伎「義経千本桜」で、すっかり一幕見席の味をしめたわたし。夏休みに海外旅行を計画しているので、お金を抑えたくって、七月大歌舞伎は幕見でいこう!と決めました。幕見席は、何と言ってもお手軽さが魅力。東京観…

六月大歌舞伎で歌舞伎座デビューしてきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日、念願かなってとうとう歌舞伎座観賞デビューをしてきました! 六月大歌舞伎、義経千本桜の「道行初音旅(通称・吉野山)」と「川連法眼館(通称・四の切)」。歌舞伎鑑賞を始めてからずっとずーっと憧れていた歌舞伎座…

お知らせ:寄稿しました

こんにちは、ジュリー下戸です。歌舞伎ファンになって日の浅いわたくしですが、好きが高じて、歌舞伎観劇を指南する(?)記事を書かせていただくことになりました。そしてその記事が、先日無事公開されましたので、この場を借りてご報告です!内容としては…

コクーン歌舞伎を観納めてきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 先日コクーン歌舞伎の千秋楽鑑賞してきました。先日歌舞伎座デビューをしたばかり(追って書きますね)のわたし、もちのロンでシアター・コクーンも、「四谷怪談」も初めてです。 発売日にゲットしていたチケットを握りしめ、…

絵日記ログ6/9-24

こんにちは、ジュリー下戸です。 夏休み取得の目処が立ち、すっかり浮かれている今日このごろ。大学4年でアメリカへ行ったきり、とんとご無沙汰だった海外旅行が決まっているのです! 行き先は台北。アジア諸国へは初の渡航です。中国語と英語をちょっと勉…

「浮かれ心中」を観てきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 4月に明治座で公演していた「浮かれ心中」「二人椀久」を鑑賞してきました。後者は舞踊と思ってあなどるなかれ、あまりの美しさ、切なさ、やるせなさに胸が締め付けられ、顔面ぐしょぐしょになるほど泣きました。 が、何よ…

ワンピース歌舞伎を見納めてきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 わたしが歌舞伎の世界に興味を持ったきっかけ、それは2015年10月に新橋演舞場で公演していた「スーパー歌舞伎Ⅱワンピース(以下ワンピース歌舞伎)」を鑑賞したことでした。圧倒的なエンターテインメントのパワーにすっかりや…

絵日記ログ3/1-8

こんにちは、ジュリー下戸です。 坂東巳之助丈と中村隼人丈という、わたしの大好きな2ショット対談が掲載されているということで、「演劇界」をゲットしに行ってきたのですが... 普段、どんなに高くても1000円以上を雑誌に出したことがなかったので、書店で…

新春浅草歌舞伎を見納めてきました

こんにちは、ジュリー下戸です。 年明けまもなくして新春浅草歌舞伎昼の部を観に行ってから20日後、舞台は千秋楽を迎え、そしてわたしは夜の部を観劇しに行ってきたのでした。 実は前回、うっかり道を間違えてなかなか公会堂にたどり着くことができなかっ…

新春浅草歌舞伎を観に行きました

こんにちは、ジュリー下戸です。 電車でお絵かきをしていると視線が気になったものですが、今はそうでもなくなりました。慣れって怖いですね。通勤電車も、没頭していればあっという間です。いい趣味を持ったものです。 デビュー さて、2016年の舞台はじめに…